ロフィン・バーゼル

溶接方法

 WeldingMethods100212.jpg

レーザー溶接には2つのメインプロセスがあります。 熱伝導による溶接と深溶け込みによる溶接です。

Heat conduction Welding: 接合される材料は、表面でレーザービームを吸収することによって溶解します − 固体化した溶解は材料を接合します。通常、溶込み深さは、2mm以下です。

Deep penetration Welding : 10W/cm² 以上で始まり、局所的に蒸発温度に熱することによって材料内部に発生した蒸気圧はレーザービームの集光スポット直径のおよそ1.5倍の毛管を生成します。

流体静力学的圧力、溶解物の表面張力、毛管内部の蒸気圧は平衡状態に達し、毛管(しばしば”キーホール”と言われます)が崩壊するのを防ぎます。キーホール内部の多重反射は、入射レーザービームを材料の奥深くに導きます。今日では、十分なレーザーパワーによって、溶接深さ25mm(鉄)を達成することが出来ます。

鉄とアルミニウムは、一般的なレーザー溶接材料です。一般に、溶接可能な材料について従来の溶接プロセスと比較すると、レーザー溶接によって高速かつ高品質になります。

 

 従来の溶接プロセスと比べ、レーザー溶接は様々な利点があります。     

・脱着工具不要、非接触プロセス

・多様な材料、異なる厚さについて溶接可能

・自動化への変更が容易

・プロセスと形状について高い自由度

・早い溶接スピード

・高い溶接シーム品質、結果として再溶接が殆ど不要

・材料への熱影響が少ない。

・材料との関係でエネルギー供給を調節可能

・最大自由度で最高な信頼性

・試験済みビームガイドシステムによる安全な運転

・機械のモジュール化されたデザインによって顧客の要求や部分的な条件応じた調整

・ビームデェテクターまたはスプリッターによる異なる装置での同時運転、または、異なる溶接スポット

・最良な結果を導くための最適なノズル形状

・品質監視、プロセスデータのドキュメントのような将来のオプション「の可能性。